新米ママの子育て日記

新米ママの子育て日記

流山おおたかの森で子育てをする新米ママ✿日々の子育てや町の情報などゆるーく書いていきます(´ρ`)

陣痛を引き起こすためにやっていたこと

 

 

 

こんにちは!mina☆です!

 

前の記事を見てくれた方はご存じかと思いますが、

わたしは妊娠23週以降自宅安静が続いていました。

 

なので生産期に入るまではもちろん運動もゼロ。

 

37週の検診時にやっと安静が解除されました。

この時赤ちゃんの頭は下がってきているが、子宮口は全然開いて

いなかったので先生にもたくさん動いてね~と言われていました。

 

 

 

ということで、今回は陣痛を引き起こすためにわたしが

やっていたことを紹介したいと思います。

 

1.スクワット20回×2セット

これは先生に一番効果的と言われました。

 

スクワットをすることでお産に向けての体力づくりにもなりますし、

子宮口も開きやすくなります。

 

実際、わたしの姉はスクワットをやっていた途中に破水しました。

それぐらい効果があるんだと思います!

 

 

2.散歩

散歩は毎日30分~1時間くらいしてました。

 

生産期に入ってからの散歩は正直きつく、何度もお腹が張ったりもしました。

長時間歩けば陣痛が来るというわけでもないので、無理なく自分のペースで

歩くのがいいと思います。

 

あとは生産期に入るといつ何が起こるか分からないので、誰かに付き添ってもらって

散歩をするといいと思います!

 

3.階段の上り下り

階段の上り下りもスクワット同様、赤ちゃんが下におりてきて

お産が進みやすいようです。

 

病院でエレベーターを使わず階段を使ったり、家でも時間がある時は階段の

上り下りをしていました。

 

お腹が大きいと足元が見えずらくなるので、特に降りるときは気を付けながら

行ったほうがいいです!

 

 

これらをやったからすぐに陣痛がくるとは限りません。

 

実際、わたしも予定日より1週遅れての出産でしたが、

これらをやったことで子宮口が開いてきたのは確かだと思います。

 

そしてなにより出産は本当に体力を使うので、体力づくりのためにも

これらのことは絶対にやって損はないと思います。

 

 

 

 

あ、ちなみに陣痛ジンクスと言われているオロナミンC、焼き肉、カレーも

全て試しましたが陣痛は来ませんでした。笑

 

 

少しでも早く陣痛が来てほしいからといって、無理して動くのは

絶対にしないようにしましょう。

 

お腹が張ってきたなと思ったら途中で中断して休みながらやるのが

いいと思います!


これから出産を控えている方、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

それではまた次の記事で(^^)/