新米ママの子育て日記

新米ママの子育て日記

流山おおたかの森で子育てをする新米ママ✿日々の子育てや町の情報などゆるーく書いていきます(´ρ`)

わたしがこの街を選んだ理由【流山おおたかの森】

 

 

 

 

こんにちは!mina☆です!

 

 

今日は私が住んでいる流山おおたかの森について

書いていきたいと思います。

 

この街に引っ越してきて1年が経とうとしています。

 

わたしたち夫婦はお互い東京勤務だったので、娘が生まれる前までは

都内在住でした。

当時はワンルームの狭い部屋で生活していたんですが、今思うとよく

生活できたなって思うレベルです。笑

 

さすがに娘が生まれたらこの家で生活するのは狭すぎるねとなり、

話し合った結果、流山おおたかの森へ引っ越すことになりました。

 

 

なぜこの街を選んだのか、、、、

 

それは子育てのしやすさです。

 

『母になるなら、流山市。』

 

このキャッチコピーに惹かれました。

 

じゃあなんで流山市が子育てしやすいといわれているのかも

気になりますよね。

 

いくつか紹介したいと思います!

 

1.送迎保育ステーション

一般的に、保護者が子供の通っている保育園に送り迎えをするのが

普通ですが、このサービスを使うと駅からバスで指定の保育園まで

送り迎えをしてくれます。

なので保護者は駅に送り迎えをすればOKということです。

電車通勤をしている保護者にとっては是非利用したいサービスだと

思います。

また、仕事の帰りが遅くなった場合でも、18時までは延長料金なしで

預かってくれます。

利用する際はいくつか条件があるので、詳しくは市のホームページで

確認してみてください(^^)/

www.city.nagareyama.chiba.jp

 

 

2.ファミリーサポートセンター

このサービスは、育児の援助を受けたい人と、育児の援助をしたい人が

お互いに会員になって行う援助サービスです。

援助内容は主に

  • 保育園、幼稚園、小学校、学童保育の送迎
  • 保育園、幼稚園、小学校、学童保育の開始前、終了後の預かり
  • 買い物などの外出時の預かり
  • 冠婚葬祭時の預かり など

急用のときなど、どうしても子供の面倒を見られないときなどに

とても便利なサービスですね!

こちらも詳しくはホームページをご覧ください!

www.uinet.jp

 

 

3.保育園の多さ

子育て世代に人気な街なので保育園の数もかなり多いです。

流山市の待機児童数は決して少ないわけではありませんが、

年々減少傾向にあるらしいです。

2021年には新たに13の保育園が開設されました。

必ずしも第一希望が通るとは限りませんが、流山市は希望がいくつでも

出せるので、どこかの保育園には通える可能性が高いと思います!

 

 

 3つ紹介しましたが、まだほかにも子育てしやすい魅力が

たくさんあります(^^♪

 

わたしも実際にこの街で子育てをして1年が経ちますが、

治安もいいし、公園もたくさんあるしとにかくこの街での

子育てがとても楽しいです。

 

 

わたしも旦那もこの街が大好きになりました。

 

 

これからこの街の情報なども記事にしていこうと思うので

楽しみにしていてください!

 

 

それではまた次の記事で(^^)/